通販好きの個人ブログ

WH-1000XM4

2020/10/17 音響機器

今回はSONYの新型ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM4」です!

ノイズキャンセリングヘッドホン

以前から気になっていたのですが、少し前まで完成度が低い、耳が痛くなる、音質が悪いという評判を見て、値段も高いので買うのを躊躇していました。
本機はとても評判が良かったので、そろそろ試してみるかと思い今回初のノイズキャンセリングヘッドホンを発売日に予約購入しました。

購入動機

ついこの前、リモートワーク用に購入したワイヤレスヘッドセットLogicool G533はbluetooth接続に対応はしているものの、音質と安定性の面から基本的には専用のレシーバーを差して使用していました。
ですが、私が仕事に使用しているMacBookに刺すと、USB type-cへの変換コネクタも合わせてレシーバーが飛び出ている形になり、かなり邪魔に感じていました。
また、友人とゲームで通話する際もG533を使いたくなってメインのWindows機にレシーバーを差し直すという手間が発生してしまっていました。

なので、今回は完全に仕事用に使用するBluetooth接続のワイヤレスヘッドホンを購入しようと考え、さらに仕事に集中出来るようにノイズキャンセリング機能を搭載したものを購入することにしました。

ノイズキャンセリングの感想

初ノイズキャンセリング体験でしたが、これがかなりすばらしいです!!
騒音が0とまでは行きませんが、本当にかなり静かな空間にいる感覚を覚えます。
何も音を流さなくてもノイズキャンセリング機能だけで、強めのサーキュレーターの音や、飼い猫用に置いている水やり機(小さい噴水みたいなやつ)の音、同居人の生活音もほぼ聞こえず、音によって集中力が阻害される事が無くなりました。
さらに通話や音楽を流せば全く聞こえないレベルまでに到達します。

他のノイズキャンセリング製品は使用した事はないのですが、比較の記事などを調べた範囲では現時点でWH-1000XM4のノイズキャンセリングの性能を超えるものは無いみたいです。

Bluetooth接続にしては音質が良い

音質は正直に言うと1万円レベルのヘッドホンと比べても若干劣っていると感じます。
ですがBluetooth接続であり密閉型である以上仕方ないです。
他のBluetooth接続のヘッドホン、イヤホン、スピーカーと比べるとかなり頑張っている方だと思います。

若干こもり気味ですが、フラットで全帯域しっかり鳴っています。
ノイズキャンセリング機能と合わせて細かい音も聞きとりやすくて、単純に音が良いヘッドホンとは違った楽しみ方はできそうです。

マイク音質

こちらもBluetoothなりの音質です。
ゲーミングヘッドセットのようにマイク部分を口元に持ってくるようなことも出来ないので、比較するとマイク音質は悪くなったと周りの人には言われました。
ただ普通に会話は出来ているし、接続が途切れるなどの問題は一度も起こっておらず安定しています。
ゲームでは厳しいかもしれませんがリモート勤務での会議ぐらいなら何の問題もなく使えています。

装着感

イヤーパッドは私が所有しているヘッドホンの中には無いような赤ん坊の肌のような柔らかくてきめ細かい肌触りでとても気持ち良いです。
側圧は少しだけ強く感じますが、ヘッドホン平均ぐらいの強さだと思います。
コンパクトで軽いので重さで疲れることも全く無いです。
本体はコンパクトなのに邪魔にならない絶妙なイヤーパッドの広さもあり、装着感はとても良いです。
夏場の使用も特に暑さで不快になる事はありませんでした。

バッテリー持ちが凄い

音楽鳴らしっぱなしでも30時間持ちます。
これだけ小さくて軽いのにこのバッテリー持ちは驚くレベルです。

充電しながらの使用は不可とありますが、実際には使う事はできました。
ただしジリジリというノイズが入るので充電しながらの使用はやめておいた方が良いと思います。

操作感も良好

まず右側のイヤーカップ部がタッチセンサーになっていて、早送りや音量調整、再生・停止をタッチ操作で行えます。
イヤーカップ部の中ならどの位置でも反応してくれるのでとても操作しやすいです。
イヤーカップを手のひらで触っている間はなんとノイズキャンセリングを止めて外音取り込みをしてくれる機能があります。
これがとても使い勝手良くて、ヘッドホン付けているときに話しかけられたりしたらイヤーカップを触るだけで普通に会話が出来ます。凄いです。

左側のイヤーカップ部側面には物理ボタンが2つついており、下のボタンは電源ボタンなのでよく使う事になるかと思います。
ただこのボタンは細くて小さいのでなかなか見つからなくて手探りで探す事が若干煩わしい時があります。

追記:左側のボタン配置も位置に慣れたので現在は全く不満はありません

手での操作以外にも、ヘッドホンを外すとセンサーによって自動でメディア再生を停止してくれる機能や、位置情報によってイコライザやノイズキャンセリングレベル等を自動で変えてくれる機能、2つの端末とBluetooth接続して音が鳴った方に自動で切り替えてくれる機能などなど・・・
かなり使い勝手の良いヘッドホンになっています。

まとめ

4万円を超えるヘッドホンなのでかなり購入を躊躇しましたが、非常に完成度の高いヘッドホンでした。
はっきり言って4万円でも安く感じるレベルでした。
ノイズキャンセリング性能も現時点で世界トップレベルです。
Bluetooth接続なので音質だけは有線と比べると劣りますが、使い勝手や無線の快適性、バッテリーの駆動時間などから普段ついつい使いたくなる本当に素晴らしい製品です。
とにかく良いです!!!!

Similar Posts

Logicool G533
beyerdynamic T1
Razer Kraken
Logicool M720r
Razer Leviathan
© 2020 jillchan.net