通販好きの個人ブログ

Logicool G402

今日は長年愛用していたLogicoolのゲーミングマウス「G402」です!

長年愛用していました

私は今は上位版といえる「G502」を何年か使っているのですが、一番長く使ったマウスがこちらのマウスになります。
今でも予備用に置いていてたまに触りますが「G502」からカタログスペックの数値ほどに劣る感じはしないです。
価格が倍近く違うのでコスパが高いマウスだと思います!

G502のほぼ廉価版だけどこれで十分な可能性も

センサーについて

スペックとしては、DPIがG502は12000DPIに対して、G402は4000DPIと大きく劣っています。
ですが、G402は発売された当初はゲーミングマウスとしても高い方のスペックでした。
超ハイセンシの私でもこれ以上の解像度は必要ないと思っているぐらいです。(私はチルトホイールが欲しくてG502に乗り換えた)
ローセンシで解像度を落として使う方にはなおさら不要だと思います。

ボタンについて

サイドボタンはG502と似ている位置に配置されています。
人差し指先の左側のボタンも同じようにあります。
それらと左右と中央クリックをあわせて合計8個ものボタンを備えているので、通常の使い方なら十分多いほうだと思います。

チルトホイールが無いのは残念

G502にはある左右に倒すチルトホイールが無いのが大きな違いになります。
作業やブラウジングには大変便利なので、チルトホイールが無いのを許容出来るかどうかは考えた方が良いかと思います。
ゲーム用途ではG502のチルトホイールは軽い力で入力されてしまってほぼ使い物にならないです。

クリック感

G502と比べると若干のペコペコ感があって少し安っぽく感じます。
ただ、触り比べない限りは全然気にならないと思います。
ホイールを回す感じは比べるとG402の方がかなり静かです。

形状について

G502に似ていて大きめの形状で、かぶせ持ちした感じは似ているのですが、G502の方が細身に感じます。
また、サイドボタンも似ている場所に配置されているのですが、親指先についているボタンの位置が若干手前にあるように感じるのと、親指付け根の2つのボタンが少し出っ張っていて軽く指の角度を変えると押し込めるようになっています。
私個人の感想ですが、サイドボタンは3つとも押しやすさはG402の方が若干上だと思っています!

G502よりも良いところ

前述した通り、サイドボタンが若干押しやすいというのは個人的な感想ですが、G402の数値で見れる良いところは重量軽いところです!
というよりG502が重いだけですね。
たぶん一般的な重さだと思います。

グリップ感

G502と形状が似ているので握った感じはあまり変わらないです。
かなり良いのですが、ラバー部分は長年使うと劣化してきてザラザラしたりしました。

つまみ持ち

サイドボタンのところの出っ張りのせいか、つまみ持ちは若干し辛いです。

かぶせ持ち

G502に似ていて、右手にフィットして握り心地が良いです。
薬指の置き場が無いのも同じで、右ボタンとグリップの間のよく分からないところに薬指を置くことになります。
私は慣れているので違和感は無いです。

まとめ

G502と比較してなので悪めの書き方になってしまいましたが、倍近く値段が違うことを考えると、その差ほどの劣化感はないコスパ高いマウスだと思います。

センサーのスペックを気にしない、チルトホイールは必要ないという人には超オススメです!
ボタンが多いのでゲームをしない人にもオススメです!
私自身気に入っていて長年使っていたので、とても良いマウスだと言えます!

Similar Posts

Logicool G502
Logicool M720r
WH-1000XM4
Logicool G533
Fire HD 8 Plus
© 2020 jillchan.net