Logicool M720r

Logicool M720r #レビュー

今日はLogicoolのワイヤレスマウス「M720r」です!

高機能なワイヤレスマウス

職場で使用しているマウスになります。
便利な機能が色々ついているので紹介していきます!

私の利用環境

職場で使用していて、メインのMacBook ProとたまにWindowsノートPCに繋いでいます!
Unifyingレシーバーでの無線接続で使用しています。

高機能

  • サイドボタンが2つ
  • ジェスチャーボタン
  • チルトホイール
  • 高速スクロール(引っかかりがなくクルクルホイールを回せるやつ)切り替え
  • PC切り替え(flow)

と基本的な便利な機能は一通り備えてます。
他のマウスでは珍しい機能としてはジェスチャーボタンとPC切り替えがあります。

ジェスチャーボタンは押した状態でマウスカーソルを動かすとその動きに合わせて設定した操作を行ってくれるもので、ジェスチャーボタン押下単体でも設定出来るので、3つめのサイドボタンとしても使えます。
これがなかなか便利で、私は主にMacのMissionControl(仮想デスクトップ)の切り替えやランチャーアプリの操作に割り当てて使っています!

PC切り替えも複数台のPCをよく行き来するならとても便利な機能ではありますが、私の用途では頻繁に切り替えることはないので滅多に使用していないです。

グリップ感

大きめのマウスですが、普段から大きめのマウスを使用しているのでこのマウスも違和感なく使えています。
全体的にマットな質感なのでグリップ感はとてもいい感じです。

無線接続

無線接続はLogicool UnifyingレシーバーとBluetooth接続の2通り対応しています。
私はUnifyingレシーバーで接続していて、カーソル飛び等は一切なくとても安定しています。

Bluetooth接続はMacだと不安定

Bluetooth接続だとMacに入れたLogi optionsの設定が反映されないことが頻繁に起きます。
設定した通りのマウスジェスチャーが動作しないのはかなり不便なのでUnifyingレシーバーを挿して使っています。

接続しているサブディスプレイがドッキングステーション付きのものなので、そこにレシーバーを挿して、ディスプレイに繋ぐとマウスが接続される感じになっています。
この使い方だと基本的に自席で作業する時はサブディスプレイに繋ぐので問題はないですが、サブディスプレイにつないでない時はマウスは使えません。

WindowsのマシンではBluetooth接続でも問題なく使えています。

電池持ち

無線マウスは充電の手間が面倒なのが一番気になっているところなのですが、このマウスはとても電池持ちが良いです。
単三電池1本で動くマウスなので、私はPanasonicのエボルタを使っています。

一度なんとなく電池を換えましたが、2年使っていてまだ切れたことがないので最低1年は持ちそうです。

単三形乾電池1本で24か月の電池寿命を実現

公式の説明文を見る限りでは電池1本で2年もつそうです!

flowについて

flowの機能は極たまにしか使用していませんが、ボタン一つでPC間を移動できるのは頻繁に行き来したい時はとても便利です。
特にPCをまたいでコピー&ペーストが出来るのが良いですね!
キーボードもflow対応のものにしておくとマウスとキーボードが同時に切り替えられるので、必要な方にはオススメです。

まとめ

便利な機能が一通り備わっていて堅実な作りになっているマウスだと思います。
職場ではノートPCという方は多いと思うので、ワイヤレス接続な点もGoodです!
Macに関してはBluetooth接続だと不安定なので注意が必要です。

You may also like