Logicool G502

Logicool g502 #レビュー

今日はLogicoolのゲーミングマウス「G502」です!

あらゆる場面で使い心地が良い

昔FPSガチ勢だったとき、センサーのスペックが高いロジクールマウスを買ったのがきっかけでメインではロジクールマウスをずっと使っています。
このマウスは3つのサイドボタン、人差し指側の追加の2つのボタン、チルトホイール、ラッチ切り替え(スクロール時に抵抗なくクルクル回るように切り替えられる)のおかげでゲーム以外の作業も捗ります!

クリック感

クリック感は硬すぎないけどしっかりクリック感もあって良好です。
左クリックの方がほんの若干軽いクリック感になっていて連打しやすくなっているように感じます。
ロジクールのマウスはチャタリングが多いと言われていますが、G502に関しては今のところ発生したことは無いです。

グリップ感

少し大きめなマウスですが、右手の形に合わせた形状をしていて本体の重量もあって安定感があります。
ラバーグリップも良い感じで、昔使っていたロジクールマウスはラバーが劣化してザラザラになってしまったりしたことがありましたが、G502では劣化しずらいように改良されているように思います。
つかみ持ちとかぶせ持ちどちらも違和感なく快適に握れています。

つまみ持ち

FPSをプレイするときはつかみ持ち人差し指を立てた状態で握っています。(超ハイセンシなのでこの方が繊細なAIMがしやすい&連打しやすい)
親指のグリップ部分上部が少し盛り上がっているのと、薬指小指側のグリップのおかげで力を入れずに持ち上げたり出来ています。

かぶせ持ち

普段の作業やFPS以外のゲームをするときはかぶせ持ちで握っています。
表現が難しいのですが、形状が工夫されていてかなり右手にフィットして握り心地が良いです。
あえて言うならば、過去のロジクールマウス(MX518とか)と比べると手のひらの部分の高さが少し低くて若干隙間があります。
ピッタリと手のひらついた方が良い方には微妙ですが、好みの問題なので私は特に気になりません。
薬指の置き場が無いので右ボタンとグリップの間のよく分からないところに薬指を置くことになります。
これも私は慣れているので違和感は無いです。

サイドボタン

私がこのマウスで特に気に入っているのは、サイドボタンの使い勝手がとても良いところです。
3つとも親指を動かさずそのままの位置で押せるように配置されています。

G502

左手の親指の付け根についている2つのボタンはほんの少し親指の角度を変えて押し込んだり出来、マウスを握ったまま違和感無く押しやすい配置になっています。
また、押し分けもしやすく誤爆クリックをしたことは無いです!

親指先端についているボタンは特に握ったまま押しやすい位置にあり、押している間センシを変える設定にしたり、ダッシュするボタンに割り当てたりしています。
押したまま激しい動きを行いやすいです。

人差し指の先端についているボタン

左クリックボタンの左側についている2つのボタンは、サイドボタンのようにそのままの位置で押し込んだりは出来ないので少し左に動かす必要がありますが、2つとも押しやすい位置にあります。
咄嗟の場面で使う必要のないけどよく使う機能を割り当てると便利です。

マクロも登録出来る

各ボタンにはマクロも割り当てられます。
私は殆ど使ったことが無いですが、よく使う人には良いですね。

微妙なところ

チルトホイールは誤爆注意

チルトホイールは普段の作業には大変便利な機能ですが、このマウスのチルトホイールはもの凄く軽いです。
少し左右に力が入っただけで入力されるので、ホイール操作やホイールクリック時にかなりの頻度で誤爆します。
ゲーム用途には割り当てないようにした方が良いと思います。

重量が重い

私は重いマウスの方が好きなので有り難いのですが、このマウス重量感があります。
人によっては重すぎる可能性があるので軽いマウスが好きな方は気をつけてください。
しかも追加の重りで更に重く出来る機構があるのですが、そんなことをしたら流石に重すぎるのでは・・・

ワイヤレス版のG502WLもあります

価格差が5000円ぐらいあるので踏みとどまっているのですが、マウスはワイヤレスに出来ると更に使い心地が良くなるので価格を気にしないならおすすめです。
いつか欲しい・・・

G502WLはマウスパッドに置いているだけで充電出来るPowerPlayに対応していて、無線マウスの欠点である充電の面倒くささからも解放されます。
ただこのマウスパッドが17000円ぐらいするのでG502WLと合わせて30000円ぐらいしてしいまうので、完全にお金に余裕がある人向けですね!

まとめ

価格が高めの設定なマウスなのでその分作りも良く多機能で、普段使いにもゲーミングにもオススメ出来ます!
サイドだけでなく人指し指のところやマウスの中央部分(今回紹介してないですが)にもボタンがあり、合計11ボタンもあるので多ボタンマウスほしい方には特にオススメです!

You may also like