Razer Leviathan

続けてRazerいきます!
バーチャル5.1chサラウンドスピーカーのLeviathanです。

買った経緯

スピーカーの配線が邪魔に感じていたのでBluetooth接続できるスピーカーを探して辿り着きました。
ここまでくると誰がどう見てもRazerファンなのですが別にそういうわけではないです!
前使っていたのが普通の2chのスピーカーだったので、ウーファーとサラウンド効果とやらに惹かれてしまったわけです。

音質

低音強めで高音もそれなりに綺麗に鳴ってはいますが埋もれ気味です。
中音は奇麗で伸びも良く気持ちいいです。
高いスピーカーは使ったことが無いのでわかりませんが、10000円ぐらいのものと聞き比べると音の分離が良くなって細かい音も聞こえる印象です。
ポップスやロック、おとなしめのゲーム音楽を聴くときはウーファーが少し強めですが心地良い振動を与えてくれています。
クラブミュージック系は正直苦情が来るんじゃないかと焦るぐらい重低音が響いてしまいます^^;
ゲームの臨場感を出すために重低音を強調しているのだとは思いますが。
総合的に価格なりに音質は良いですがバランスは少し悪く感じます。

結局私はTitanium HDにAUX接続してサウンドカードのイコライザでバランスを弄って使っています。
そうするとなかなか良い具合になりました。
また、スピーカー本体で音量を上げるよりサウンドカードの設定で音量を上げたほうがウーファーの音を抑えられるみたいです。
Bluetoothは使えず本末転倒になってしまいましたが・・・

Dolby Virtual Speaker

ON/OFFを切り替えてみると確かに音が広がって包まれる感覚がします。
これは結構気持ちいいです。
ただしFPSゲームの用途では過度な期待は禁物です。
サラウンドにしたからといって足音の位置がはっきりわかるわけではないです。
方向ぐらいはわかりますが、そういう用途では大人しくヘッドホンを使った方が良いと思います。

モード

このスピーカーはゲームモード、音楽モード、映画モードの3つのイコライザのプリセットがボタンで切り替えられるようになっています。
ゲームモードはさらに重低音が強調されて凄い迫力です。
音楽モードでは中低音が強調されノリの良い感じになります。
映画モードではフラットに聞こえます。
私は映画モードが一番バランス良く聞こえて好きですね。
音楽も映画モードで聞いています。

使い勝手に不満

まず、無音状態が続くと自動で電源が切れてしまう機能が完全に余計なお世話です。
私はすぐ手の届く位置に設置しているのでそんなに苦ではないですが、距離があるところに置きたい人にはお勧めできないです。
リモコンも付いていないので電源入れなおすのが絶対面倒くさいです。
第二にウーファーの音量を調節出来ない点が不満です。
昔持っていた2.1chのスピーカーはウーファーにも個別にボリューム調整がついていたので気分や音源によって調節していたのですが、それが出来ないです。
第三に暗い場所ではボタンが見えないです。
モニターをアームで固定してその影にLeviathanを置いているのですが、音量調整やイコライザのボタンが暗くて全く見えないです。
出来れば位置ぐらいは光ってわかるようにしてほしかったなと思います。
使い勝手の面では正直もう2歩ぐらい欲しいところです。

ちなみに、Bluetoothの接続は非常に簡単に出来るようになっていて使いやすかったです。

まとめ

ゲームの臨場感を高めたい人や重低音が好きな人には良いのではないでしょうか。
絶賛するほどではないですが、音質もそれなりに良いので変えて良かったと思っています。
あとデザインがとてもカッコイイ!

Razer Kraken 7.1 V2

またまたRazerです。
今回はヘッドセットのKraken 7.1 V2です!
どうせならキーボードやマウスと同じように光らせようと買ってしまいました。
Razerの策略通りでしょうか^^;

品質

8年ほど前、今は亡きダーマポイントの10000円ぐらいのヘッドセットを使っていました。
Razerの力なのか2000円の差なのか8年の技術進歩の賜物なのかは定かではありませんが、そのヘッドセットと比べるとつけ心地や音質も含めた全体の品質の高さに驚きました。
質感もしっかりしていて良いです。

音質

ゲームをする上では音質の問題は全くありません。
Razer製品なのでゲームの臨場感を意識した低音が強めのバランスです。
FPSでは足音もはっきり聞こえますし擬似サラウンドの技術で音の方向もピッタリわかります。
もうサウンドカードいらないかな。

音楽を聴いてみると音質は篭りぎみでした。
とはいっても比較対象が音楽鑑賞用のヘッドホンなので仕方ないですが。
この値段でマイクも付いていることも考えると健闘していると思います。
昔使っていた例のヘッドセットは篭りすぎて苦痛を感じるレベルだったので・・・
高音は刺さらず、篭ってるせいかもしれませんが全体的にまったり聞こえます。

マイク

生の声とは結構違って聞こえるようです。
聞こえやすいようにチューニングされているのかな?
音量不足やノイズ、ブツブツ途切れるといった問題は全く発生していないです。
単一指向性なので環境音も拾いづらく、位置調整まで出来るので使い勝手は良好です。

マイクミュート

マイクミュートはマイクの音を拾うところに触れないといけないので、頻繁にON/OFF切り替えるのは辛いです。
なんでこんなところに付けてしまったのか・・・
私はミュートボタンはないものとしてキーボードにメディア機能のマイクミュートを割り当てて切り替えています。

装着感

クッションは程よい硬さで、耳にすっぽり被さります。
重さは多少ありますが装着感は結構良いと感じます。
頭は小さめです。
人によっては側圧が強すぎるとか耳にイヤーパッドが当たるという意見もあるようです。
こればかりは人によりますね。
ただ、イヤーパッドの材質が蒸れるので暑いときは使いたくない時があります。

まとめ

この価格でこの品質!?と驚きました。
昔の思い出を引きずっているのかもしれませんが(笑)
特にFPS用途では足音の位置まではっきりわかります。
USB接続でサウンドカードも必要ないです。
Razer製品は割高なイメージがありましたが、これはコスパに優れた製品だと思います。

Razer BlackWidow Chroma V2

今回はRazerのキーボードBlackWidow Chroma V2です!

それまで使っていたキーボード

このキーボードを買う前は1万円ぐらいの黒軸のキーボードを使っていました。
打鍵感は非常に気に入っていたものの以下の欠点がありました。
・キーが重く深いのでゲームでは反応が少し遅くなってしまう
・底打ちしていたので長時間ゲームをしていると疲れてしまう
・底に当たるときに音がうるさい

この黒軸キーボードが壊れてしまったので、どうせなら他のスイッチを試してみようかと思い変えてみました。

緑軸

黒軸を使っていたので、キーを押すときにそれなりに力が要りそうな緑軸を選びました。
押しはじめは軽くスイッチを押す瞬間に少し力が要り、スイッチを押した後はまた軽いですが底打ちまではしない感じです。
比較的浅い位置にスイッチを押す感じがあります。
押した瞬間がはっきりと分かりやすく、黒軸よりも軽快に打てるのに誤爆は少なく感じます。
スイッチを押したときにカチッと音がし、打鍵感は黒軸と全く異なります。
主観としては文章を打つときは黒軸の方が気持ち良く打てましたが、キーの誤爆率とゲームでの反応速度は緑軸に軍配が上がるかと思います。
文章を打つ時の打鍵感も決して悪いわけではなく、店頭で他の軸も試してみましたが緑軸は気持ちいい方でした。
この辺は完全に好みの問題ですが。

キー配列

オーソドックスなキー配列、キーピッチで違和感なく使えます。
たまに変な配列のキーボードがあるので・・・
個人的にfnキーが嫌いなので右側に配置されているのが有難いです(笑)
ただし、慣れるまではctrlキーを押そうとして左端のM5のマクロキーを間違えて押してしまうことがありました。
各キーにはRazer製のマウスやヘッドセット等のプロファイルや設定を変えられる機能を割り当てられるので、Razer製品を使っていればより便利になります。

Chroma

正直この手の光り物には全く興味がありませんでしたが・・・
キーボードが波打って虹色に光るのは思ったより綺麗でした。
色や発光パターンも細かく変えられるので光り物好きにはすごくお勧めですよ。

便利なおまけ

キーボード右の側面にUSBポートと3.5mmジャックが付いています。
私は机が小さく机の上をごちゃごちゃさせたくないので使用していませんが、手元で付けられるのは便利であることは間違いないと思います。
また、マグネット着脱式のリストレストもついてきます。
机が小さいのでこれも使っていませんが^^;

欠点

このキーボードは非常に気に入っていてあまり不満はないのですが、唯一気になるのは打鍵音がうるさいことです。
以前使っていたキーボードで不満に思っていた音の問題は少しだけマシになったものの解消出来ませんでした。
試し打ちでうるさいのは分かっていたのですが、音以外が良かったので妥協しました。
ですがやっぱりマイクに打鍵音が結構入ってしまいますね。

まとめ

オーソドックスなキー配列でとても使いやすいキーボードです。
緑軸は黒軸と比べると軽快ながら少し力のいる打鍵感で誤爆はしにくいです。
スイッチを押す感じは浅い位置にあるのでゲームプレイ時の反応速度も良い感じです。
スイッチを押したときの音に目を瞑れるなら、買って失敗しないキーボードだと思います。

Razer Naga Hex V2

今回はHexとはなんだったのかと話題のRazer Naga Hex V2の感想です!
G402のサイド3ボタンでも足りなくなってしまって購入しました。

サイドボタン

Naga Hex V2の特徴はなんといってもサイドの7ボタンですよね。
円を描くように7つのボタンが配置されていますが、持ち方によって大きく使い勝手が違います。
私が普段マウスを持つときはかぶせ持ちなのですが、この持ち方だと押せるボタンが限られてしまいます。

以下は素早く正確な操作が求められるゲームでの話です。
前方の1、2ボタンは親指を動かさずに押し分けられる使いやすいボタンになっています。
3のボタンはマウスを深く持っているため非常に押し辛く、咄嗟に押しても隣接している2や7のボタンを誤爆してしまうことがあります。
4のボタンは1、2ほどでは無いですが押しやすく誤爆もありません。
5のボタン、これは3以上に押し辛いです。
6、7のボタンは親指の付け根で押せます。咄嗟の押し分けは少し難しいです。
私は被せ持ちで(持ち方を矯正できなかった)1、2、4、6の4ボタンを割り当てて使っています。
3、5、7は誤爆が多かったため封印して実質サイド4ボタンにして使ってしまっています・・・

ですが、親指を円の中心に立ててつまむ持ち方ではこれらのボタンも結構使いやすくなります。
おそらくマウスの形状からしても、手は上から被せて親指を立てて持つつかみ持ちが想定されていそうです。
サイド12ボタンのMMOマウスよりはもちろん押し分けやすいです。

使い勝手

表面はざらざらとしたコーティングがされており滑り辛くなっています。(見た目にも高級感があります)
クリック感は左クリックが軽めになっており、かなり素早いクリックが行えます。

形状は丸みがあり、手のひらが当たる部分が盛り上がった形になっています。
指が引っかかる場所がないため、かぶせ持ち以外ではマウスを持ち上げ辛くかなり安定性に欠けます。
サイドボタンの押しやすさはつかみ持ちが良いと書きましたが、マウスを素早く左右に動かすようなゲームでは正直厳しいです。
薬指を置くスペースがあるのは被せて持つには良い感じですが、逆に掴んでマウスを持ち上げる動作がしにくく感じます。

MOBA向け?

MOBAでサイドボタン7つも使わないような・・・
むしろボタンの誤爆とカメラ移動時の素早いマウスの移動のしにくさという欠点からMOBAには向いていないと思います。
ですが、対戦型のFPSやRTSほど素早く精密な操作が必要ないMMOやストラテジー、緩めのFPS等では7つのボタンが便利で使い勝手が良く感じました。
これらのゲームでは落ち着いてボタンを押し分けられるので、今まで書いた欠点が気になりませんでした。
私はPUBGやFO4、Civ6等はこのマウスでプレイしています。

Chroma

写真では緑色ですがChromaに対応しています。
色んな色に光りますよ。

まとめ

サイド7ボタンという特徴が全てのマウスです。
センサー等優れている点もありますが、それを活かせるようなゲームでは持った時の安定性の無さが厳しいです。
7ボタンはなんだかんだで便利ではあるので、競技性の高いゲーム以外用途なら選択肢に入れて良いと思います。