Razer Kraken 7.1 V2

またまたRazerです。
今回はヘッドセットのKraken 7.1 V2です!
どうせならキーボードやマウスと同じように光らせようと買ってしまいました。
Razerの策略通りでしょうか^^;

品質

8年ほど前、今は亡きダーマポイントの10000円ぐらいのヘッドセットを使っていました。
Razerの力なのか2000円の差なのか8年の技術進歩の賜物なのかは定かではありませんが、そのヘッドセットと比べるとつけ心地や音質も含めた全体の品質の高さに驚きました。
質感もしっかりしていて良いです。

音質

ゲームをする上では音質の問題は全くありません。
Razer製品なのでゲームの臨場感を意識した低音が強めのバランスです。
FPSでは足音もはっきり聞こえますし擬似サラウンドの技術で音の方向もピッタリわかります。
もうサウンドカードいらないかな。

音楽を聴いてみると音質は篭りぎみでした。
とはいっても比較対象が音楽鑑賞用のヘッドホンなので仕方ないですが。
この値段でマイクも付いていることも考えると健闘していると思います。
昔使っていた例のヘッドセットは篭りすぎて苦痛を感じるレベルだったので・・・
高音は刺さらず、篭ってるせいかもしれませんが全体的にまったり聞こえます。

マイク

生の声とは結構違って聞こえるようです。
聞こえやすいようにチューニングされているのかな?
音量不足やノイズ、ブツブツ途切れるといった問題は全く発生していないです。
単一指向性なので環境音も拾いづらく、位置調整まで出来るので使い勝手は良好です。

マイクミュート

マイクミュートはマイクの音を拾うところに触れないといけないので、頻繁にON/OFF切り替えるのは辛いです。
なんでこんなところに付けてしまったのか・・・
私はミュートボタンはないものとしてキーボードにメディア機能のマイクミュートを割り当てて切り替えています。

装着感

クッションは程よい硬さで、耳にすっぽり被さります。
重さは多少ありますが装着感は結構良いと感じます。
頭は小さめです。
人によっては側圧が強すぎるとか耳にイヤーパッドが当たるという意見もあるようです。
こればかりは人によりますね。
ただ、イヤーパッドの材質が蒸れるので暑いときは使いたくない時があります。

まとめ

この価格でこの品質!?と驚きました。
昔の思い出を引きずっているのかもしれませんが(笑)
特にFPS用途では足音の位置まではっきりわかります。
USB接続でサウンドカードも必要ないです。
Razer製品は割高なイメージがありましたが、これはコスパに優れた製品だと思います。