オーディオテクニカ ATH-WS1100

今日は低温重視のSOLID BASSシリーズATH-WS1100です。
最近仕事が忙しくてゲームやる暇がなかなか無いので音響機器の感想で攻めてきます^^;

気分を変えてみた

子供の頃、小遣いを貯めて始めて買ったヘッドホンがオーディオテクニカのATH-A500でした。
しばらくしてATH-A900にアップグレードしてずっと使っていました。
当時としては感動的な音でしたが、やっぱりシャリつく高音が気になってきてその後オーテク製ヘッドホンは買っていませんでした。
が!高音で有名なオーテクが出している低音重視のヘッドホンに少し驚いて、調べているうちにすこぶる評判が良いこの機種が気になっていました。
丁度低音重視なヘッドホンを持っていなかったので探していたのもあってとうとう買ってしまいました。

音質

解像度はこの値段にしては高いです。
分離が良く音の一つ一つの輪郭がはっきりしています。
空気穴のおかげで抜けもなかなかです。(オープン型には流石に劣る)
音場は・・・広いとかレビューで見ましたが密閉型(セミオープン)にしてはということなのかな?
正直狭く感じます。
反対の感想なので視聴環境が悪いのか不安になってしまいます。
手持ちのヘッドホンの音場が広すぎただけなら良いのですが。

高音は埋もれることが無くよく聞こえます。
オーテクらしい金属的な鳴り方をする傾向にありますが、刺さり具合に関してはかなり抑えられているように感じます。
聴き込めるような「良い音」ではありませんが、とても聴きやすいです。
ただ金属的な音は好みが別れそうです。

中音も非常にバランスよく聞こえます。
乾いた音なので女性ボーカルは声質によって物足りないことがあります。

低音は緩んだ感じが全くない締まりまくってキレキレで力強さを感じる音です。
沈み込みはまあまあです。
低音重視なだけあって主張は大きいですが、一般的な低音ヘッドホンよりは控えめで厚みもそこまでなく見通しが良いです。
量より質と表現するのが一番しっくりきます。

低音重視でドンドン鳴るのに下品さを全く感じないこの絶妙な感じ。
中音、高音の質も悪く無く、とてもバランスが良いです。
とにかく低音が響けば良いんだ!というようなヘッドホンではないです。
イメージ的には低音ヘッドホン界の優等生な感じです。

聴いてみてすぐ、完成度高いなと感じました。
丁度求めていた音にぴったり合い、特に粗も感じないのでこれなら30000円出しても満足できたかも。
今回は失敗するつもりで買ったのですがかなり気に入りました!

装着感

装着感は至って普通です。
悪くもなく良くもなく。
しいて言うなら側圧が少し強く感じます。
ですがクッションのおかげで和らいでいます。

ポータブル用途

一応外での使用を想定した機種のようです。
大きさ的にギリギリ外で付けられる大きさですし、付属品に持ち運び用の袋がついてきました。
が、これは罠です!!
空気穴あるので普通に音漏れします(笑)

HD598と比較

同じぐらいの値段のHD598と比較します。

今日は時間がないので後日編集します。

まとめ

低音のキレが良いのでノリノリになれます。
低音好きならこれ一本でもいけそうなぐらいバランスの良いヘッドホンです。

AKG Q701

今日はAKGの定番機Q701です。

ついつい買ってしまった

低音強めでノリのよい感じの機種が欲しくて色々視聴していたのですが、何故か方向性が全く違うこの機種を買ってしまっていました。
定番機なだけあって、同価格帯の機種と比べると音が明瞭で、解像度の高さ、音場の広さも抜群でハッと引き込まれてしまいました。
後悔は少ししかしていない。

音質

素晴らしいです。
高い解像度と広い音場を持っています。
これは30000円以下のヘッドホンでは断トツかと思います。

高音はかなり奇麗です。
芯があって先が丸まったような印象です。
刺さる感じはなく滑らかです。
キーンっていうよりかはピーンって感じです。(音の表現って難しい・・・)
特にピアノの高い音は病みつきになってしまいます。

中音も同じく、芯があるのに滑らかな音です。
どんな音でも美しさを感じますが、特に弦の音と相性が良く絶品です。
ボーカルは少しだけ離れて聞こえますが埋もれたりはしていません。

低音は締まっていますが線が細く量も控えめ、響く感じは無いです。
必要最低限の低音を丁寧に鳴らしている印象です。

全体的にかなり上品で繊細な音の傾向です。
各音の輪郭がはっきりしているのにエッジはきつくなく、水分を含んだ艶っぽい冷たさのようなものを感じます。
私の脳内に広がるイメージでは、明るめなのに雨の日のおしゃれな洋風の街の雰囲気がするような・・・
伝わらないか(笑)

厚みや迫力、ノリの良さはあまり無いと思います。
結構オールマイティに使えますが、低音は物足りないかもしれません。

装着感

正直あんまり良くないかな。
重さをカバーするためか側圧が結構強いです。
全くずれたりはしないししっかりフィットしているけれど、頭は小さめでもずっとつけていると痛くなってきます。
頭頂部の謎のコブもずっと当たっていると痛いです。
イヤーパッドの触り心地は良い感じです。
ゼンハイザーのヘッドホンと比べて少しふかふかしています。

HD598と比較

定番同士の比較です。
コスパ最高と絶賛していたHD598ですが、若干の価格差はあるもののQ701が全体的に1ランク性能が優れています。
ただ音の傾向が全く違うので結局好み次第ですね。

HD598
暖かく包まれるような優しい音
フラット~若干低音寄り
音は暗め
全く疲れない

・Q701
線が細く輪郭がハッキリしているけど角の立たない上品な音
低音少な目
音は若干明るめ
音はあんまり疲れないけど長時間使っていると締め付けが痛い

まとめ

かなり良い機種であることは間違いないです。
このクラスの音を聞いてしまうと、ヘッドホンスパイラルにハマってしまう恐れがあります(笑)
性能の良さもかなりのものですが、それ以上に音色の美しさが気に入っています。

一方で装着時の側圧の強さが気になります。
それさえなければ私的には完璧なヘッドホンだったのに勿体ないです。

ゼンハイザー HD800

今回はゼンハイザーのフラッグシップモデルHD800です。
何を血迷ったのか衝動買いしました。
おかげで財布の中身が寂しい事に・・・

高い!!

このヘッドホン馬鹿みたいに高いです。
国内正規品だと18万ぐらいします。
並行輸入品でも13万円・・・
どれだけ音が良くてもコスパは最悪です^^;

音質

音場の広さ、定位の良さが凄まじいです。
広い奥行を感じられます。
ある意味それが全てなヘッドホンでもあるかと思います。
この感動は大枚叩かないと得られません(笑)
解像度もかなり高く、本当に細かい音まで聞き取れます。

高音は色々な音がしっかり鳴っています。
刺さることはあまりありません。
基本的には目立つわけではないですが、音源によっては各音がしっかり鳴りすぎてたまに煩く感じることはあります。

中音は基本的に原音に忠実で生々しいです。

低音は適度に締まった音で量は普通~若干少な目。
意外と結構低いところまでちゃんと出ていて、集中すると程よくズンと来るのがわかります。
音の質がとても良いです。
このヘッドホンを聞いて第一印象に残るような主張のある低音では無いけれど、聞けば聞くほど良いものに思えます。

バランス的にはかなりフラットです。
情報量が多く、各音がハッキリ聴こえるので多少の聞き疲れがあります。
とにかく空間表現に特化した機種で、得意な曲、苦手な曲があるかと思います。
何を聞いても圧倒的な基本性能の高さ来る奇麗さはありますが、音にあまり特徴はなく意外と普通な感じであっさりしています。

全ての音が少し遠めから聞こえそれぞれの位置もはっきり分かれているため、逆にそのせいで違和感を感じるような音に感じることもあります。
また、ボーカルメインで聞く際は他の機種の方が魅力的な音作りに感じられることが多いです。

クラシック向けと言われているようですが、私はクラシックを普段殆ど聞かないので分かりません・・・
ジャズやフュージョンは広い空間で色んな音が色んな方向からハッキリと広がるように聴こえ、聴いていてとても楽しいです。
この楽しさは他の機種では味わえないHD800オンリーなものだと思います。

装着感

かなり良好です。
重量はそこそこあるはずなのですが、形状に工夫がされているのかあまり重く感じません。
側圧やフィット感もなかなか良く、HD598程ではないもののトップクラスの装着感です。
ただし、イヤーパッドが少し大きめなので、丁度いい位置に耳が来るように位置を調節する必要があります。
また、両出しケーブルが結構鬱陶しく感じます。

良く使う機種との比較

HD598
解像度、音のキレ、空間表現には大分差があります。
流石にHD800と比べると篭って聴こえてしまいます。
音の厚みは(篭っているから?)HD598の方があるように感じます。
あとは言葉で表現するのは難しいけど、HD598は非常にまったりと気楽に聞けて、性能だけでは計れない魅力があります。

Q701
基本性能はやはりHD800が全て勝っています。
Q701ですら少し篭って聞こえてしまいますね。
ただ、高音の伸びはQ701の方が優れているように感じます。
また、音色の艶のある上品な美しさなんかもHD800には無い美しさだと思います。

・T1
解像度は若干T1の方が高いように感じます。
音場の広さはT1もなかなかですが明らかにHD800が勝っています。
HD800の方が低音のキレは良いですね。
T1は音の濃さと魅力的な音色(HD800のようにあっさりしていない)が素晴らしいです。
また、T1の方が音が明瞭です。
同レベルで比べられるヘッドホンが手に入って改めてT1の凄さを感じました。
T1とHD800の良いところを合わせた音を聞いてみたいという願望が湧いてくる・・・
この2つはもっと聴き比べて感想を更新していきたいです。

まとめ

他では味わえないオンリーワンな性能を持った機種!
普段使いでメインにするのは厳しいですが、手元にあれば音楽の楽しみ方が一種類増えます。
ただし、まだそれなりのヘッドホンを持っていない人は、もう少しコスパに優れてオールマイティに使えそうなヘッドホンを買ったほうが満足度が高いと思います。
値段のことは考えたら負けです。

ゼンハイザー HD598

今日は愛用のヘッドホン、ゼンハイザーのHD598です。

最高のコスパ

上位機種は馬鹿みたいに高いヘッドホン界、このヘッドホンは20000円ぐらいで買えるので、音の良いもので買いやすいヘッドホンとして定番中の定番になっていますね。
かなり売れているので値段も下がっているようです。
確か私がHD595(HD598の従来機)を買った時は30000円を越えていました。
HD598はビンゴ大会の景品で当たりました(笑)

実際、使っていてとても良い機種だと思います。
音質にはクセがありますが、安いヘッドホンから乗り換える方は間違いなく感動する世界が待っています。

音質

どちらかと言えば低音寄りですが、全体的にバランスが良くフラットに近い鳴り方をしています。
音の分離は良く、音場もなかなか広いです。
値段の割にとても性能が高いと思います。
ごまかした雑な音作りではなく、ちゃんと拘っている印象があります。

高音は高い音までしっかり鳴っていますが、丸まって聞こえます。
そのおかげで耳に刺さることが無いです。
その代わり響きの良さが犠牲になっているように感じます。

中音は前に出てくる傾向です。
分解能が高いのもありごちゃごちゃせずよく聞こえます。
しっとりしていてとても心地の良い音です。
ストリングスの表現が特に気に入っています。

低音は締まった音ではなくブォンとかドォンって聞こえます。
まろやかに聞こえますが、ノリの良さが犠牲になっています。
量は結構出ています。
低音寄りと書きましたが主張してくる感じではないです。

全体的に曇った音と言えば悪く聞こえますが、深みがあって柔らかくて温かい音がします。
一言でいうなら優しい音。
特に女性ボーカルなんかはとても魅力的に聞こえます。

良くも悪くも原音を忠実に出す感じではなく、繊細な感じも無いです。
ここは好みの分かれるところだと思います。

聞き疲れしない

特筆すべき装着感。
本体が軽量で重さをあまり感じないことと頭へのフィット感が最高で、長時間つけていても苦になりません。
側圧も丁度良いです。
イヤーパッドもレザーのように蒸れるということもなく夏場でも快適に使えています。
音質は上述した通り、耳に刺さらない音なので装着感と合わせて疲れることがありません。
ヘッドホンはいくつも持っていますが、これほど疲れないヘッドホンは無いです。
大絶賛です。

デザイン

インパクトの大きいプリンカラー。
正直私は好きじゃないです^^;
HD595のシャンパンゴールドの方が落ち着いていて好きだった・・・
今はブラックカラーも出ているようですね。

ゲーム使用

特に問題なく使えています。
足音の位置はよくわかります。
密閉型ヘッドホンの方が聞き漏れは少ないと思います。
HD598にも密閉型のバージョンが出ているみたいです。
本当にゲームでしか使わないのであれば、もっと安いヘッドホンで十分です。

Q701と比較

定番同士の比較です。
コスパ最高と絶賛していたHD598ですが、若干の価格差はあるもののQ701が全体的に1ランク性能が優れています。
ただ音の傾向が全く違うので結局好み次第ですね。

・HD598
暖かく包まれるような優しい音
フラット~若干低音寄り
音は暗め
全く疲れない

Q701
線が細く輪郭がハッキリしているけど角の立たない上品な音
低音少な目
音は若干明るめ
音はあんまり疲れないけど長時間使っていると締め付けが痛い

まとめ

この価格帯ではこれ以上の性能の機種はなかなか無いと思います。
が、音にはクセがあるので誰にでも薦められるわけではないです。
音の好みが合えば、入門機として手放しで絶賛出来る機種ではあります。

もっとお金を出せば更に音質の高いものがいくらでもありますが、HD598は全く疲れずまったり聞けるので普段よくこの機種を使っています。
高級機と比較しても、単純な性能だけでは比べられない魅力があります。

ちなみに、HD598の後継機のHD599が出たようです。
レビューを見る限り音質に殆ど変わりは無いようです。

Razer Leviathan

続けてRazerいきます!
バーチャル5.1chサラウンドスピーカーのLeviathanです。

買った経緯

スピーカーの配線が邪魔に感じていたのでBluetooth接続できるスピーカーを探して辿り着きました。
ここまでくると誰がどう見てもRazerファンなのですが別にそういうわけではないです!
前使っていたのが普通の2chのスピーカーだったので、ウーファーとサラウンド効果とやらに惹かれてしまったわけです。

音質

低音強めで高音もそれなりに綺麗に鳴ってはいますが埋もれ気味です。
中音は奇麗で伸びも良く気持ちいいです。
高いスピーカーは使ったことが無いのでわかりませんが、10000円ぐらいのものと聞き比べると音の分離が良くなって細かい音も聞こえる印象です。
ポップスやロック、おとなしめのゲーム音楽を聴くときはウーファーが少し強めですが心地良い振動を与えてくれています。
クラブミュージック系は正直苦情が来るんじゃないかと焦るぐらい重低音が響いてしまいます^^;
ゲームの臨場感を出すために重低音を強調しているのだとは思いますが。
総合的に価格なりに音質は良いですがバランスは少し悪く感じます。

結局私はTitanium HDにAUX接続してサウンドカードのイコライザでバランスを弄って使っています。
そうするとなかなか良い具合になりました。
また、スピーカー本体で音量を上げるよりサウンドカードの設定で音量を上げたほうがウーファーの音を抑えられるみたいです。
Bluetoothは使えず本末転倒になってしまいましたが・・・

Dolby Virtual Speaker

ON/OFFを切り替えてみると確かに音が広がって包まれる感覚がします。
これは結構気持ちいいです。
ただしFPSゲームの用途では過度な期待は禁物です。
サラウンドにしたからといって足音の位置がはっきりわかるわけではないです。
方向ぐらいはわかりますが、そういう用途では大人しくヘッドホンを使った方が良いと思います。

モード

このスピーカーはゲームモード、音楽モード、映画モードの3つのイコライザのプリセットがボタンで切り替えられるようになっています。
ゲームモードはさらに重低音が強調されて凄い迫力です。
音楽モードでは中低音が強調されノリの良い感じになります。
映画モードではフラットに聞こえます。
私は映画モードが一番バランス良く聞こえて好きですね。
音楽も映画モードで聞いています。

使い勝手に不満

まず、無音状態が続くと自動で電源が切れてしまう機能が完全に余計なお世話です。
私はすぐ手の届く位置に設置しているのでそんなに苦ではないですが、距離があるところに置きたい人にはお勧めできないです。
リモコンも付いていないので電源入れなおすのが絶対面倒くさいです。
第二にウーファーの音量を調節出来ない点が不満です。
昔持っていた2.1chのスピーカーはウーファーにも個別にボリューム調整がついていたので気分や音源によって調節していたのですが、それが出来ないです。
第三に暗い場所ではボタンが見えないです。
モニターをアームで固定してその影にLeviathanを置いているのですが、音量調整やイコライザのボタンが暗くて全く見えないです。
出来れば位置ぐらいは光ってわかるようにしてほしかったなと思います。
使い勝手の面では正直もう2歩ぐらい欲しいところです。

ちなみに、Bluetoothの接続は非常に簡単に出来るようになっていて使いやすかったです。

まとめ

ゲームの臨場感を高めたい人や重低音が好きな人には良いのではないでしょうか。
絶賛するほどではないですが、音質もそれなりに良いので変えて良かったと思っています。
あとデザインがとてもカッコイイ!

Razer Kraken 7.1 V2

またまたRazerです。
今回はヘッドセットのKraken 7.1 V2です!
どうせならキーボードやマウスと同じように光らせようと買ってしまいました。
Razerの策略通りでしょうか^^;

品質

8年ほど前、今は亡きダーマポイントの10000円ぐらいのヘッドセットを使っていました。
Razerの力なのか2000円の差なのか8年の技術進歩の賜物なのかは定かではありませんが、そのヘッドセットと比べるとつけ心地や音質も含めた全体の品質の高さに驚きました。
質感もしっかりしていて良いです。

音質

ゲームをする上では音質の問題は全くありません。
Razer製品なのでゲームの臨場感を意識した低音が強めのバランスです。
FPSでは足音もはっきり聞こえますし擬似サラウンドの技術で音の方向もピッタリわかります。
もうサウンドカードいらないかな。

音楽を聴いてみると音質は篭りぎみでした。
とはいっても比較対象が音楽鑑賞用のヘッドホンなので仕方ないですが。
この値段でマイクも付いていることも考えると健闘していると思います。
昔使っていた例のヘッドセットは篭りすぎて苦痛を感じるレベルだったので・・・
高音は刺さらず、篭ってるせいかもしれませんが全体的にまったり聞こえます。

マイク

生の声とは結構違って聞こえるようです。
聞こえやすいようにチューニングされているのかな?
音量不足やノイズ、ブツブツ途切れるといった問題は全く発生していないです。
単一指向性なので環境音も拾いづらく、位置調整まで出来るので使い勝手は良好です。

マイクミュート

マイクミュートはマイクの音を拾うところに触れないといけないので、頻繁にON/OFF切り替えるのは辛いです。
なんでこんなところに付けてしまったのか・・・
私はミュートボタンはないものとしてキーボードにメディア機能のマイクミュートを割り当てて切り替えています。

装着感

クッションは程よい硬さで、耳にすっぽり被さります。
重さは多少ありますが装着感は結構良いと感じます。
頭は小さめです。
人によっては側圧が強すぎるとか耳にイヤーパッドが当たるという意見もあるようです。
こればかりは人によりますね。
ただ、イヤーパッドの材質が蒸れるので暑いときは使いたくない時があります。

まとめ

この価格でこの品質!?と驚きました。
昔の思い出を引きずっているのかもしれませんが(笑)
特にFPS用途では足音の位置まではっきりわかります。
USB接続でサウンドカードも必要ないです。
Razer製品は割高なイメージがありましたが、これはコスパに優れた製品だと思います。