XCOM2 WOTC攻略 クラス解説

遊撃兵

・良い点

相変わらずの強アビリティとショットガンの高火力、高い命中率に高機動力と主力になるクラスです。
近接攻撃も特に序盤強力で、走っていって新たな敵に見つかってしまうリスクはありますが、遠くにいる敵まで命中率が高い攻撃を繰り出せるのでいざという時に大活躍です。
潜伏による偵察まで出来ます。最高です。
ショットガンも意外と遠くの敵まで普通に当たります。
命中率は下がってしまいますが、元々命中率が低い他のクラスと大差ありません。

・悪い点

範囲攻撃が苦手です。
雑魚敵を蹴散らす役割は他に任せて、出来るだけ強力な敵を狙いたいですね。
また、偵察としては新クラスのリーパーの潜伏能力が高いため役割を奪われがちです。
逆に、遊撃兵は偵察しないでも済むとも考えられますが。

グレネード兵

・良い点

必中で範囲攻撃+装甲破壊のグレネードは様々な面で役立ちます。
グレネードは邪魔な遮蔽物を壊すことも出来、ここぞという場面で戦況を変えられる力があります。
特に、DLC「エイリアンハンターズ」で追加された支配種への対策としてフロストボムが有効で、範囲と射程を広げて、ボム自体も2つ持つことが出来るのは心強いです。

・悪い点

グレネードの火力に依存しすぎで、後半は特に火力不足が否めません。
最高で3つまでしかグレネードを持てないのでグレを使い切ってしまうような長期戦になると通常攻撃の命中率が低さもあって良いところがありません。
リーパーの登場で遊撃兵が気軽に近接スキルを取れるようになったことや、テンプラーが最初から覚えている必中スキルがあるので、グレネードの必中の有難みも少し薄れています。
無印で目立ちすぎたからか、WOTCでは爆発音に反応して沸くロストの存在や、選ばれし物が落とす武器を装備出来ないなど不遇な扱いを受けています。

スナイパー

・良い点

ダークランス+頭上の死神にしても、ピストルビルドにしても、とにかく手数の多さが素晴らしいです。
後半は特に、一撃で倒せないような体力の敵が増えてくるので、微妙に体力が残った敵の処理が楽になります。

・悪い点

育ってくるまでは弱い・・・
手数が増えない序盤では行動力が2必要なメイン武器のせいで使い勝手が悪いです。
中盤以降、育ったスナイパーを拾ったり買ったりした方が良いかもしれません。
ハンターの武器を手に入れると一気に化けます。

技術兵

・良い点

無印ではパッとしませんでしたが、WOTCでは結構気に入っています。
アビリティが両ツリーとれるようになったため、回復グレムリンと戦闘プロトコルを両方取れるようになったのが大きいです。
大佐まで行くと全体回復と範囲攻撃を両方取って部隊の安定性の向上に一役かってくれます。
また、最序盤運が悪いと合金が手に入らなくて困る場面があるので、ハッキングで手に入る可能性があるのも嬉しいです。

・悪い点

グレ兵と同様、通常攻撃の命中率の低さが気になります。
95%ぐらいないと安心して撃てないので、あてに出来ない場面が結構あります。
また、一体に対する瞬間火力が出せないので、遊撃兵などで補う必要があります。

サイキック兵

・良い点

育てば最強の説明不要の有用スキル群。

・悪い点

日数経過でのみ育っていくので、出来るだけ早期にサイキックラボを建てないとなかなか使える強さまで行けません。
サイキックラボを優先しすぎて内政が疎かになっても厳しい展開になってしまい、サイキックラボを建てるタイミングはゲーム攻略の肝とも言えます。

リーパー

・良い点

素晴らしい偵察能力。
必ず部隊に入れておきたいほど有能です。
シャドー状態は発見される範囲が非常に狭いのでかなり適当に前に出してもほぼ見つかりません。
リーパーがいるだけで前方の敵を見つけられるので、戦闘の準備がしやすいです。
また、投げて爆発させても潜伏状態が切れないクレイモアの使い勝手が素晴らしいです。
選ばれし物の弱点が、爆発+リーパーだととても楽に倒せます。

・悪い点

火力がとても低いです。
少しちょっかい出すぐらいのダメージしか出ないので、殺し損ねた敵の処理や偵察に専念したいです。

スカーミッシャー

・良い点

手数の多さと機動力。

・悪い点

意外と火力が出ないし通常攻撃も攻撃アビリティも命中率があまり高くないので安定感が無いです。
スカーミッシャーの装備にお金を掛けるぐらいならスカーミッシャー居ないほうが良いかもしれません・・・

テンプラー

・良い点

再序盤から必中の高火力攻撃が繰り出せるのは強いです。
パリィで敵の攻撃を一回防げるのも強く、倒しきれなくても無傷で済むことがよくあります。

・悪い点

後半は微妙かもしれません。
それなりに火力も出て範囲攻撃もできるようになりますが、その頃にはサイキックで良いということになってしまいます。

XCOM2 War of the Chosen

XCOM2 War of the Chosen(選ばれし者の戦い)来ましたね。
早速コマンダーアイアンマンで遊んでいますが、全然生き残れない^^;
まだ序盤の感想です。

ストーリー

ストーリーとかムービーはなかなか楽しいです。
敵同士が共通の敵を倒すために手を結ぶ展開。
ボスの選ばれしもの達もそれぞれ個性的な性格をしています。
ベタですがかっこいい演出が多くて今まで飛ばしていたムービーもついつい見てしまいます。

難易度

難易度は無印より高い!
無印コマンダーなら再序盤さえ乗り切ればほぼ100%クリアできたのに、WOTCでは死にまくってます。
とにかく死にまくってます。このゲームクリアできる人いるのか?と思ってしまったほど(笑)
単純にボス格の選ばれし者が出てくることや、序盤に体力多めの敵が増えたこと、特殊武器が序盤に作れなくなったこと辺りの影響で、ギリギリの戦いになることが多いです。
選ばれし者はそれぞれ超強い能力を持っていますが、以前の支配種のルーラーリアクションのような理不尽さは感じず、比較すればなかなか良い調整だと思います。
また、内政面も必須施設が増えたことで技術者や補給物資不足に陥ることが多くなりました。
が、何十回か死んでいると段々安定するようになってきたので、結局は慣れかもしれません。

ロスト

人間でもエイリアンでもない第三の勢力、ロストと言う名のゾンビが出てきます。
ほんと外人はゾンビ好きだな(笑)
爆発音に反応して大量発生するため、ロストが出て来るミッションは制限が課されているような感じになります。
攻撃する順番や大量発生させてでもグレを投げる選択など、考えることが増えて楽しい一方、数が多いので時間がかかってテンポが少し悪くなっている面もあります。

快適度

以前XCOM2の感想で不満と書いていたロードの長さがびっくりするぐらい改善されています。
半分以下!これだけでも快適度が全然違いますね。
出たばかりなのでバグは結構あるように感じます。
敵の位置ずれで範囲ダメージが入らずピンチになってしまうことも^^;

オプションが増えている

MODではなく、用意されているオプションで多少のゲームバランスが弄れるようになっています。
クリア後も色んな飽きずにプレイできるように配慮されていますね。

MOD

とりあえず既存のMODは全滅!
新しいのはすぐ出てくると思いますが。
カメラの改善や一斉撤退のようなゲームバランスに影響しない定番のMODぐらいは公式で実装してほしかったですね。

まとめ

値段は高いですが、XCOM2をさらに良い方向に進化させた楽しいDLCだと思います。
難易度は確実に上がっています。
LWのMODほどではないものの無印とは別ゲーと言えるレベルで攻略方法が変わるので、無印をクリアした人でも新鮮な気持ちで遊べるかと思います。
ちょっとしたバグがちらほらあるのは気になりますが、ゲーム性としては値段に見合った出来で買って良かったと思えます。

はやくゲームを進めたくて殴り書きのように書いてしまいましたが、クリア後攻略等書いていきます!

Hearthstoneの新パック「凍てつく玉座の騎士団」実装

凍てつく玉座の騎士団が実装されましたね~
昨日は一日中遊んでいました。

今回はコントロール寄りのデッキが強化されていて自分好みの調整です。
それにやっぱり単純に環境変わるのは楽しいですね~
かなり雑に作られた感がある強カード(究極の侵蝕とかボーンメアとか)がちらほらあるのは気になりますが^^;

死人の手札使ったウォリアーとかエクゾディアパラとか色々試したいデッキがあって楽しみです。
今は昔から大好きなハンドロックともうすぐでゴールデンヒーローになれそうなプリーストメインで遊んでいます。
評判ではドルイドが頭一つ抜けているみたいですがまだ触っていません。

ハンドロックはなかなか安定せず模索中です。
プリーストはこんなデッキで遊んでいます!

バーンズから大型ミニオンを出して復活させまくてンゾスでドーン!!ってやるデッキです。
ンゾスでなくてもリッチキングやイセラでリソース勝ちしたり、ヤシャラージュからフィニッシャー級ミニオンで場を埋め尽くしたり、マリゴスから火力叩き込んだり色々なパターンがあってとても楽しいです。
一見滅茶苦茶な構成ですが84勝26敗(76%)でなかなかいい感じです!(ランク5以降は60%ぐらいです)
ネタのつもりだったのに結構勝ててビックリ(笑)
シクレメイジとフリーズメイジがちょっときついかなー
構成的にシクレに引っかかると致命的なのにかわす手段が少なく、フリーズにも特に対抗手段が無くて簡単に引き延ばされてしまうので・・・
あまり数が多くないのが幸いです。
このタイプのデッキはBig Priestとか呼ばれているみたいですね。

序盤はいっぱい出されるときついですが、ヴェレン+霊魂鞭打や黒曜石の像連打でかなり回復できるので意外となんとかなります。
まだランク3だけど^^;
これから強い敵と当たったり、色々なタイプのアグロデッキが増えてくると厳しくなってくるかと思います。
まだ皆新カードで模索している感があるので今後勝率がかなり落ちそうですが、しばらくは楽しさ重視でこのデッキをベースに調整していこうと思います。

Hearthstone

今日はスマホでも遊べるシンプルなカードゲーム、Hearthstoneの感想を書いていきます!

シンプルさ

カードゲームといえば難しいルールのものが多いですが、出来るだけシンプルに気軽に遊べるように工夫がされています。
マナを使ってミニオンや魔法をプレイして、敵を攻撃してライフを0にすれば勝ちというシンプルなルールです。
また、このルールも有名なMTGのルールを参考にしているため馴染みやすいルールになっています。
相手のターンにプレイ出来るようなカードは無く非常にテンポよく遊べます。
(代わりに反応型で条件を満たすと相手のターンに自動発動するシークレットというタイプのカードがあります)
このシンプルさとテンポの良さによってちょっとした時間に気軽に遊ぶのにもってこいのゲームです。
デッキタイプによりますが、1試合大体12分ぐらいです。
長い試合だと20分ぐらいかかることもありますが。

デッキタイプ

シンプルなルールなのですが、デッキのタイプが多いです。
小粒のミニオンを序盤から沢山展開して早期に相手のライフを削り切るアグロデッキ、
中盤に主軸を置いてアグロデッキより息切れしにくいミッドレンジデッキ、
ミニオン除去や行動の阻害で盤面の主導権を握って最後に大型ミニオンで勝負を決めるコントロールデッキ、
決まれば勝ちなコンボデッキ等々、大きく分ければこの4つに分類されるかと思いますが、その中でも沢山の種類のデッキがあります。
やっぱり私はデッキを考えるのが一番楽しい時間だと思います。
カードゲームの醍醐味ですよね。
マナカーブや、相性のいいカード同士のコンボや、ミニオンと魔法のバランス等考えることは沢山あります。
作ったデッキが自分の思惑通りに機能すると本当に気持ちいいです!

人の多さ

世界中で人気のゲームなので、対戦相手に困ることは全くありません。
プレイしようと思ったら数秒で対戦相手が見つかります。

ランク戦

勝つと星を1つ貰え、負けると1つ失うゲームモードです。
星を集めるとランクが上がっていきます。
ランクは1カ月でリセットされます。
最高ランクのレジェンドまで上げるにはある程度の勝率と試合数が必要になってくるので、がっつり遊びたい人には良い目標になるかと思います。
私は就職決まった後の春休みに毎日プレイしまくってレジェンド32位でした^^;

課金

基本無料のゲームなので、無料で遊べます!と言いたいところですが、少々課金した方が楽しめると思います。
無課金でも1日1パックぐらいは手に入るのでそれでコツコツ集め、いらないカードを魔素(これを溜めると好きなカードに変えられる)にして遊ぶことは可能です。
ですが、頑張っても2、3デッキぐらいしか作れないので、沢山デッキタイプがあるのに楽しめる幅が狭まってしまいます。
私は新パックが出るたびに10000円ほど課金をしていますが、全カードは集まっていませんが作りたいデッキは全て作れているのでストレス無く遊べています。
それに私はレジェを作る時は必ずゴールデン(見た目が金色に光って奇麗なカード)で作っているので、無駄遣いしなければもっと安く集められると思います。
新パックも頻繁に出るものではないので、現実のカードゲームと比べると遥かに安く済みます。
正直なところ、完全無課金で遊ぼうとしている人はすぐやめてしまっている印象です。

運ゲー

カードゲームは少なからず運要素が絡むものですが、このゲームは運要素が強めなゲームになっています。
ランダムな魔法を唱えるカードや、ランダムなカードを手札に入れるカード、ランダムな敵にダメージを与えるカード等、ランダム要素をあえて入れてきています。
これは、初心者でも上級者に勝てる可能性を与えたり、思わぬ展開が飽きにくい刺激になるためだと思います。
その一方、運だけで負けてしまうこともしばしばあり、そういう時は理不尽さを感じてしまいます。
私もこの手のゲームで運要素の大きいバランスは反対でしたが、長い目で見れば当然プレイがうまい人、デッキ構築がうまい人が勝率高くなってくるので最近は気になりません。
ですが、一試合一試合で運の悪さにイライラしてしまう人にはあまり向いていないゲームだと思います。

まとめ

運要素の大きいゲームではありますが、長い目で見ると実力が出てくるゲームでもあります。
気軽に遊べる一方、奥も深く熱中できるゲームでもあります。
軽く遊ぶのもランキング上位を目指すガチプレイをするのも楽しめると思います。
興味があれば基本無料なのでとりあえず遊んでみると良いと思います。
UIも優れていてなかなか完成度の高いゲームですよ。

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

今回は今話題のバトルロワイヤルゲームのPUBGです!

ゲーム性

プレイヤーは100人、広大なマップ上でどんな方法でも最後に生き残れば勝ちのゲームです。
一般的にFPSでは嫌われる芋プレイも生き残るための立派な戦略です。
アイテム漁りに民家に入ったらトイレで息をひそめている敵にいきなり撃たれることもしばしば。
隠れんぼ的な楽しさがあります。
ずっと隠れていれば勝てるわけでもなくて、時間が立つとエリアが狭まってきて範囲外にいると毒ガスで死んでしまいます。
早めにエリア内に入りに行くか、ガンガン攻めてアイテムを集めるか、隠れて機を待つかなど状況に応じて選択が必要です。
この辺りのバランスが絶妙に楽しいです。

アイテム

ゲーム開始時はみんなアイテム無しの素手状態です。
開幕は色んな場所を漁ってアイテムを集めていくことになります。
アイテムは大きく武器・防具・鞄・回復に分かれます。
銃系の武器はサプレッサーやストック、スコープ等々様々なアタッチメントを付けて強化していけます。
また、アイテムには重量があり、良い鞄を持っている方がより多くのアイテムを持ち運べるようになります。
落ちてるアイテムによってプレイスタイルを考えないといけないので試合ごとに展開も変わってきます。

撃ち合い

家の中で近距離戦、屋外で中距離戦、スコープをつけて遠距離戦とあらゆる距離で撃ち合いが発生します。
ですが、撃ち合いに自信がなければ逃げても良いですし、敵を見つけてもあえて撃たない選択肢も有効です。
最後の一人になれば良いのですから。
この辺り、撃ち合い大好きなガチガチのFPSプレイヤーには物足りなく感じるかもしれませんね。
私は息抜きゲーとして遊んでるので適当に脳筋プレイしたりひたすら隠れてみたり色々楽しんでいます。

人の多さ

アーリーアクセスで出た当初、本当に気まぐれで買ったゲームなので気付いてなかったのですが、今人気が爆発していて人が多いです。
別ゲーの片手間にこのゲームもやっている人は多いと思うので、フレンドを誘って一緒に遊ぶとさらに楽しいですよ。
思わぬところで笑える展開があったりして盛り上がれます。
最大4人でチームプレイが可能です。

動作が不安定

まだアーリーアクセスなので仕方ないですがとてもバグが多いです。
人の多さからサーバーも不安定でラグったりサーバーが落ちたりすることもしばしばあります。
さらに、最適化が進んでいないのか、マップの広さやオブジェクトの多さを考えてもやたらと重いです。
GTX1080tiで画質中ぐらいで50fpsぐらいです。
画質を気にしないなら設定は低でやることをお勧めします。

さらなる進化に期待

正式サービスに向けて色々な予定が発表されていますね。
特に今はマップが1つしかありませんが(それでもマップが広大で毎回違う展開になるのでなかなか飽きませんが)2マップ追加予定が発表されています。
予定より遅れているのは残念ですが、今でも十分面白いのに今後が楽しみです。

まとめ

基本的に死んでも不利にはなりますが仲間に迷惑が掛かるようなことも少なく気軽に遊べます。
撃ち合いが苦手でも運次第なところもあるゲームなのでゲームが苦手な人でも楽しめるのではないかと思います。
動作が重いのが少し気になりますが、画質を下げれば低スペックでもなんとか遊べるので万人におすすめできるゲームです。

XCOM2

今日はターン性ストラテジー、XCOM2の感想を書いていきます!

初プレイ

この手のゲームは好きなのですが、何故か今まで見つけておらずシリーズ前作は未プレイです。
何の知識も無く完全な初プレイになります。

なかなかの緊張感

日本で有名なゲームだと、ファイヤーエンブレムに似ています。
ただ、ほぼ全てのミッションに時間制限が設けられているため、もたもたしていると時間切れで兵士を失ってしまいます。
アイアンマンでプレイするとセーブデータのロードで元に戻せないため兵士を失うことの重みが増します。
また、適当にプレイしたり少しの判断ミスによって簡単に兵士が死んでしまうため、緊張感のあるプレイが楽しめました。
時には被害を小さくするために何かを捨てる勇気も必要ですね。

どうやりくりするかがカギ

ミッションだけではなく内政にも時間制限(エイリアンの計画を邪魔していかないとゲームオーバーになります)があるため、所謂稼ぎプレイはしにくいです。
限られた時間で稼いだ限られた資源でやりくりするのがこのゲームの最大の楽しみであり難しいところだと思います。
プレイを重ねるごとにやりくりも上手になってくるので、試行錯誤して上達していく過程が楽しめます。

ボリューム

私の場合、コマンダーアイアンマンで大体1回クリアするのに16時間ぐらい掛かっています。
私の場合はついついこのキャラをもっと強くしたい!とかで寄り道してしまうため、最適化すればもっと早くクリアできるかと思います。
(単純に下手という意見もあります)
ランダム要素も多いので、クリアした後も何度プレイしても新鮮味がありますし、縛りプレイなどでプレイスタイルを変えても遊ぶのも良いですね。
また、コマンダーの上には鬼畜難易度のレジェンド(まだ未クリア)があるのでやりごたえとしては十分です。
MODのLW2を入れると別ゲーレベルにゲームバランス変化するのでそこでまた遊べます。
近いうちに公式のMODもリリースされるようです。当然予約しました!

死んで覚えるゲーム

知らない敵が出てくると甚大な被害が出てしまうぐらい凶悪な能力を持った敵が多いです。
何度も死んで対策を練ってうまくいくと成長を感じて気持ちいい!
ローグライク(このゲームもローグライク要素がありますが)に通ずる面白さです。

内政パート

内政は順に報酬を受け取って施設を立てていくだけで特段面白いとは感じませんが、緊張感のあるミッションだけでは疲れてしまうので休憩時間として大事な役割を果たしていると思います。
どの施設を立てるか選択肢がそこそこあるので選ぶ楽しさはあります。
勿論何を強化するかによってプレイスタイルが変わるので重要なパートでもあります。

ゲームバランス

ジョブとスキルのシステムは楽しいのですが、バニラではバランスが良くないと思います。
一部のジョブが明らかに強く、そのジョブで固めるだけでごり押しで楽々クリアできてしまうほどです。
スキルも階級ごとに選んでいって特徴付けられるのは楽しいのですが、有用でないスキルが割とあるため実質選択肢が無いことがあるのが勿体ないです。
この辺りはMODでバランス調整されているものがあります。

ちょっと重い

グラフィックは最高設定ですが1080tiでも場面によっては若干もたつく時があります。
また、ミッション前のロードも少し長いのでストレスに感じます。
PCのスペックは高いほうだと思うのですが・・・

MODが豊富

ゲームバランスを変えないユーティリティからバニラとは別物レベルのバランスに変えてしまうようなMODまで。
追加ジョブや追加武器、ゲームバランスの調整など、豊富なMODがあるので飽きずに長い間楽しめました。(これからもまだまだ楽しめます)

LW2

いくらなんでも難しすぎる!!
一番簡単な難易度のルーキーでもなかなかクリア出来ません。
また、8人部隊になって操作キャラが多すぎてテンポが悪く、敵が多すぎてちょっと動くだけですぐ敵に見つかってしまいます。
私は瞬時に判断してテンポ良く操作していくのが好きなので傾向としては好みではないです。
が、追加ジョブ、追加武器、追加スキル、バランス調整など、楽しい要素も多くあり新鮮な気持ちで遊べました。
時間をかけてじっくり考えるプレイが好きな人には文句なしで楽しいのでは?

まとめ

悪いところも結構書きましたがかなり楽しいターン性ストラテジーです。
何故か国内ではあまり人気が出てないようですが、世界的にはとても人気のあるシリーズの最新作です。
日本はこのジャンルに関心が薄いのかな?
ターン制なので自分のペースで遊べるし、やりごたえもあって超おすすめです。