Razer BlackWidow Chroma V2

今回はRazerのキーボードBlackWidow Chroma V2です!

それまで使っていたキーボード

このキーボードを買う前は1万円ぐらいの黒軸のキーボードを使っていました。
打鍵感は非常に気に入っていたものの以下の欠点がありました。
・キーが重く深いのでゲームでは反応が少し遅くなってしまう
・底打ちしていたので長時間ゲームをしていると疲れてしまう
・底に当たるときに音がうるさい

この黒軸キーボードが壊れてしまったので、どうせなら他のスイッチを試してみようかと思い変えてみました。

緑軸

黒軸を使っていたので、キーを押すときにそれなりに力が要りそうな緑軸を選びました。
押しはじめは軽くスイッチを押す瞬間に少し力が要り、スイッチを押した後はまた軽いですが底打ちまではしない感じです。
比較的浅い位置にスイッチを押す感じがあります。
押した瞬間がはっきりと分かりやすく、黒軸よりも軽快に打てるのに誤爆は少なく感じます。
スイッチを押したときにカチッと音がし、打鍵感は黒軸と全く異なります。
主観としては文章を打つときは黒軸の方が気持ち良く打てましたが、キーの誤爆率とゲームでの反応速度は緑軸に軍配が上がるかと思います。
文章を打つ時の打鍵感も決して悪いわけではなく、店頭で他の軸も試してみましたが緑軸は気持ちいい方でした。
この辺は完全に好みの問題ですが。

キー配列

オーソドックスなキー配列、キーピッチで違和感なく使えます。
たまに変な配列のキーボードがあるので・・・
個人的にfnキーが嫌いなので右側に配置されているのが有難いです(笑)
ただし、慣れるまではctrlキーを押そうとして左端のM5のマクロキーを間違えて押してしまうことがありました。
各キーにはRazer製のマウスやヘッドセット等のプロファイルや設定を変えられる機能を割り当てられるので、Razer製品を使っていればより便利になります。

Chroma

正直この手の光り物には全く興味がありませんでしたが・・・
キーボードが波打って虹色に光るのは思ったより綺麗でした。
色や発光パターンも細かく変えられるので光り物好きにはすごくお勧めですよ。

便利なおまけ

キーボード右の側面にUSBポートと3.5mmジャックが付いています。
私は机が小さく机の上をごちゃごちゃさせたくないので使用していませんが、手元で付けられるのは便利であることは間違いないと思います。
また、マグネット着脱式のリストレストもついてきます。
机が小さいのでこれも使っていませんが^^;

欠点

このキーボードは非常に気に入っていてあまり不満はないのですが、唯一気になるのは打鍵音がうるさいことです。
以前使っていたキーボードで不満に思っていた音の問題は少しだけマシになったものの解消出来ませんでした。
試し打ちでうるさいのは分かっていたのですが、音以外が良かったので妥協しました。
ですがやっぱりマイクに打鍵音が結構入ってしまいますね。

まとめ

オーソドックスなキー配列でとても使いやすいキーボードです。
緑軸は黒軸と比べると軽快ながら少し力のいる打鍵感で誤爆はしにくいです。
スイッチを押す感じは浅い位置にあるのでゲームプレイ時の反応速度も良い感じです。
スイッチを押したときの音に目を瞑れるなら、買って失敗しないキーボードだと思います。