Razer Naga Hex V2

今回はHexとはなんだったのかと話題のRazer Naga Hex V2の感想です!
G402のサイド3ボタンでも足りなくなってしまって購入しました。

サイドボタン

Naga Hex V2の特徴はなんといってもサイドの7ボタンですよね。
円を描くように7つのボタンが配置されていますが、持ち方によって大きく使い勝手が違います。
私が普段マウスを持つときはかぶせ持ちなのですが、この持ち方だと押せるボタンが限られてしまいます。

以下は素早く正確な操作が求められるゲームでの話です。
前方の1、2ボタンは親指を動かさずに押し分けられる使いやすいボタンになっています。
3のボタンはマウスを深く持っているため非常に押し辛く、咄嗟に押しても隣接している2や7のボタンを誤爆してしまうことがあります。
4のボタンは1、2ほどでは無いですが押しやすく誤爆もありません。
5のボタン、これは3以上に押し辛いです。
6、7のボタンは親指の付け根で押せます。咄嗟の押し分けは少し難しいです。
私は被せ持ちで(持ち方を矯正できなかった)1、2、4、6の4ボタンを割り当てて使っています。
3、5、7は誤爆が多かったため封印して実質サイド4ボタンにして使ってしまっています・・・

ですが、親指を円の中心に立ててつまむ持ち方ではこれらのボタンも結構使いやすくなります。
おそらくマウスの形状からしても、手は上から被せて親指を立てて持つつかみ持ちが想定されていそうです。
サイド12ボタンのMMOマウスよりはもちろん押し分けやすいです。

使い勝手

表面はざらざらとしたコーティングがされており滑り辛くなっています。(見た目にも高級感があります)
クリック感は左クリックが軽めになっており、かなり素早いクリックが行えます。

形状は丸みがあり、手のひらが当たる部分が盛り上がった形になっています。
指が引っかかる場所がないため、かぶせ持ち以外ではマウスを持ち上げ辛くかなり安定性に欠けます。
サイドボタンの押しやすさはつかみ持ちが良いと書きましたが、マウスを素早く左右に動かすようなゲームでは正直厳しいです。
薬指を置くスペースがあるのは被せて持つには良い感じですが、逆に掴んでマウスを持ち上げる動作がしにくく感じます。

MOBA向け?

MOBAでサイドボタン7つも使わないような・・・
むしろボタンの誤爆とカメラ移動時の素早いマウスの移動のしにくさという欠点からMOBAには向いていないと思います。
ですが、対戦型のFPSやRTSほど素早く精密な操作が必要ないMMOやストラテジー、緩めのFPS等では7つのボタンが便利で使い勝手が良く感じました。
これらのゲームでは落ち着いてボタンを押し分けられるので、今まで書いた欠点が気になりませんでした。
私はPUBGやFO4、Civ6等はこのマウスでプレイしています。

Chroma

写真では緑色ですがChromaに対応しています。
色んな色に光りますよ。

まとめ

サイド7ボタンという特徴が全てのマウスです。
センサー等優れている点もありますが、それを活かせるようなゲームでは持った時の安定性の無さが厳しいです。
7ボタンはなんだかんだで便利ではあるので、競技性の高いゲーム以外用途なら選択肢に入れて良いと思います。

追記

しばらく使っていたら慣れるものですね。
入れ替えて比較するとやはり欠点の部分は気になりますが、サイドボタンの押し分けもマウスの移動も結構普通にできるようになってきました。

Logicool G402

ゲーマーとしては普通のマウスは使えません。
勿論ゲーミングマウスを使っています。
今回はメインで使用しているG402の感想を書いていきます!

持ちやすさ

なんといってもこのマウス持ちやすさが気に入っています。
私は普段はかぶせ持ちで使っていて、反応速度やクリック速度が重要なFPSをプレイする際は被せ持ちの状態で人差し指と中指を立ててマウスを持っています。
どちらの持ち方でもしっかり持てて、とても安定しています。
親指の部分が凹んでいて指の上が引っかかるような形になっているのでマウスを持ち上げる時も無駄な力を入れず安定して持ち上げられます。

薬指の置き場所はありませんが、右サイドに小指と一緒につかむようにおいています。
特に気になったことはありません。

大きさは縦に大き目で高さは控え目。
全体的には最近のゲーミングマウスの中では少し小さめ~標準ぐらいだと思います。
重さは若干軽めだけど軽過ぎず、疲れず安定していて丁度いいです。

サイドボタン

親指の位置に3つのボタンと左クリックボタンの左上に2つのボタンが付いており、一般的なゲーミングマウスと比べてもボタン数はとても多い方だと思います。
この5ボタンが非常に使いやすいです。
サイドの3ボタンは、親指はほぼ動かさなくても押しわけしやすく誤爆はまずしません。
左クリックボタンの左上のボタンは慣れるまでは使いづらいと感じるかもしれませんが、このボタンも使いやすいです。
少しボタンが遠くてホームポジションから少し指を動かさないといけないので、咄嗟には使わないような機能を割り当てておくと便利です。
私はインベントリとかマップを開くボタンとして使っています。

センサー

センサーの性能とかは最新のものと比べると見劣りしますね。
ですがFPSで使うにしても十分だと思います。

耐久性

このマウスを使っていて唯一不満なのが耐久性です。
クリックがへたってきます。
私の場合は酷使しすぎで僅かなクリック感の違いもストレスに感じるので特殊かもしれませんが、
大体1年に満たない期間で1回ペースで買い替えています。
定期的に買い替えるものとしては若干値段が高く感じます。
MX518やG400も何度も買いなおしていましたが、その頃より値段が上がっている点もあって不満です。

まとめ

使いやすさは良好で、高級では無いマウスの中ではとても無難なマウスだと思います。
サイドが3ボタンついているマウスは割と少ないので、サイドボタンが2つじゃ足りない人には特におすすめ出来ます。

XCOM2

今日はターン性ストラテジー、XCOM2の感想を書いていきます!

初プレイ

この手のゲームは好きなのですが、何故か今まで見つけておらずシリーズ前作は未プレイです。
何の知識も無く完全な初プレイになります。

なかなかの緊張感

日本で有名なゲームだと、ファイヤーエンブレムに似ています。
ただ、ほぼ全てのミッションに時間制限が設けられているため、もたもたしていると時間切れで兵士を失ってしまいます。
アイアンマンでプレイするとセーブデータのロードで元に戻せないため兵士を失うことの重みが増します。
また、適当にプレイしたり少しの判断ミスによって簡単に兵士が死んでしまうため、緊張感のあるプレイが楽しめました。
時には被害を小さくするために何かを捨てる勇気も必要ですね。

どうやりくりするかがカギ

ミッションだけではなく内政にも時間制限(エイリアンの計画を邪魔していかないとゲームオーバーになります)があるため、所謂稼ぎプレイはしにくいです。
限られた時間で稼いだ限られた資源でやりくりするのがこのゲームの最大の楽しみであり難しいところだと思います。
プレイを重ねるごとにやりくりも上手になってくるので、試行錯誤して上達していく過程が楽しめます。

ボリューム

私の場合、コマンダーアイアンマンで大体1回クリアするのに16時間ぐらい掛かっています。
私の場合はついついこのキャラをもっと強くしたい!とかで寄り道してしまうため、最適化すればもっと早くクリアできるかと思います。
(単純に下手という意見もあります)
ランダム要素も多いので、クリアした後も何度プレイしても新鮮味がありますし、縛りプレイなどでプレイスタイルを変えても遊ぶのも良いですね。
また、コマンダーの上には鬼畜難易度のレジェンド(まだ未クリア)があるのでやりごたえとしては十分です。
MODのLW2を入れると別ゲーレベルにゲームバランス変化するのでそこでまた遊べます。
近いうちに公式のMODもリリースされるようです。当然予約しました!

死んで覚えるゲーム

知らない敵が出てくると甚大な被害が出てしまうぐらい凶悪な能力を持った敵が多いです。
何度も死んで対策を練ってうまくいくと成長を感じて気持ちいい!
ローグライク(このゲームもローグライク要素がありますが)に通ずる面白さです。

内政パート

内政は順に報酬を受け取って施設を立てていくだけで特段面白いとは感じませんが、緊張感のあるミッションだけでは疲れてしまうので休憩時間として大事な役割を果たしていると思います。
どの施設を立てるか選択肢がそこそこあるので選ぶ楽しさはあります。
勿論何を強化するかによってプレイスタイルが変わるので重要なパートでもあります。

ゲームバランス

ジョブとスキルのシステムは楽しいのですが、バニラではバランスが良くないと思います。
一部のジョブが明らかに強く、そのジョブで固めるだけでごり押しで楽々クリアできてしまうほどです。
スキルも階級ごとに選んでいって特徴付けられるのは楽しいのですが、有用でないスキルが割とあるため実質選択肢が無いことがあるのが勿体ないです。
この辺りはMODでバランス調整されているものがあります。

ちょっと重い

グラフィックは最高設定ですが1080tiでも場面によっては若干もたつく時があります。
また、ミッション前のロードも少し長いのでストレスに感じます。
PCのスペックは高いほうだと思うのですが・・・

MODが豊富

ゲームバランスを変えないユーティリティからバニラとは別物レベルのバランスに変えてしまうようなMODまで。
追加ジョブや追加武器、ゲームバランスの調整など、豊富なMODがあるので飽きずに長い間楽しめました。(これからもまだまだ楽しめます)

LW2

いくらなんでも難しすぎる!!
一番簡単な難易度のルーキーでもなかなかクリア出来ません。
また、8人部隊になって操作キャラが多すぎてテンポが悪く、敵が多すぎてちょっと動くだけですぐ敵に見つかってしまいます。
私は瞬時に判断してテンポ良く操作していくのが好きなので傾向としては好みではないです。
が、追加ジョブ、追加武器、追加スキル、バランス調整など、楽しい要素も多くあり新鮮な気持ちで遊べました。
時間をかけてじっくり考えるプレイが好きな人には文句なしで楽しいのでは?

まとめ

悪いところも結構書きましたがかなり楽しいターン性ストラテジーです。
何故か国内ではあまり人気が出てないようですが、世界的にはとても人気のあるシリーズの最新作です。
日本はこのジャンルに関心が薄いのかな?
ターン制なので自分のペースで遊べるし、やりごたえもあって超おすすめです。